15000円が3000円に!めっちゃ安くなっているBluetoothイヤホン「iHarbort」がオススメ!

15000円が3000円に!めっちゃ安くなっているBluetoothイヤホン「iHarbort」がオススメ!

iHarbort 2980円(定価15880円)


進化版 IPX5完全防水 iHarbort Bluetooth イヤホン 低音重視 8.5時間連続再生 Hi-Fi 高音質 マグネット搭載 スポーツ用ワイヤレスイヤホン マイク内蔵 ハンズフリー通話 CVC6.0 ノイズキャンセリング搭載 ブルートゥース イヤホンiPhone、iPod、Android用

私は以前まで、Bluetoothのイヤホンなどは使用しておらず有線のイヤホンを使用しておりました。
理由としては、音楽が安定して聞けないのではないか、他者の機器に接続されてしまうのではないかなど様々な不安があったためです。
ですが、今所持している一つ前のイヤホンからBluetoothのイヤホンを使い始めました。
これは、iPhone7に変更した際にイヤホンジャックが無く、変換コードを購入するのも面倒であると言う理由でなんとなく購入いたしました。

最初は使ったこともないBluetoothのイヤホン、どんなふうに使えばいいのだろうと言う不安や、本当に音楽は聴けるのだろうかなど思うものがあり抵抗がありました。
ですが、まず接続なのですが説明書にもしっかり書いてくれていますし、少しAmazonのレビューの欄を見るとより簡単に説明を書いてくださっている方がいて、すぐに接続できました。(接続の作業自体、ボタン長押しをしてアイホンからペアリングするものを選ぶだけですのでそんなに難しいものではありません)

そして肝心な始めて使ってみた感想なのですが、まず有線特有のコードが絡まったり、邪魔になったりすることがなく非常に使いやすいと感じました。
さらに音質なのですが、私が購入したイヤホンは3000円程度とそこまで高くはないものなのですが特に違和感なく綺麗な音を楽しむことができました。

次に、充電の持ちなのですが、これは機器によってそれぞれ違うのですが私が使っていたものは四時間持つものでした。
通学時間が2時間程度あったのですがその時間は問題なく聴き続けることができ、学校で1度充電をし直して帰りも充電満タンと言うような使い方をしておりました。

もし四時間では充電に不安があるができるだけ安い商品が良いと言う方がいらっしゃいましたら、スマホ用の持ち運び充電器を別で持ち歩くことをおすすめします。
スマホ持ち運び充電器でも私の使っていたイヤホンは問題なく充電できました。

次にペアリングの問題なのですが、これは1度接続の設定をしてしまえばそのアイホンへの接続が簡単になり電源ボタンを2.3秒程度長押しするだけで接続できるようになります。
右、左に分かれている耳だけに入れる小さなイヤホンの場合は右を長押しした後左も長押しをするといった作業を行う場合もありますがそれでも簡単な接続であると思います。

そして、どれくらいの期間使えるのと言った質問もあると思います。
私は3000円と言うBluetoothイヤホンにしては低価格なものを使用していたのですが、1年半の間問題なく使えました。
使用頻度も週に5回くらいは使っておりとてもコストパフォーマンスの良い商品であると思います。
最後に、右、左が分かれています小さなイヤホンか、右、左はコードで繋がってらイヤホンどちらがいいか悩んでる方もいると思います。

私は両方使用したのですが右、左が分かれてるイヤホンのが断然使いやすいと感じました。
ただしものを失くしやすい方はコードで繋がっていた方がいいかもしれません。

Amazonカテゴリの最新記事