材料3つ!調理時間15分!固くなったバゲットで簡単ラスク!1人暮らしのお菓子にピッタリ!

材料3つ!調理時間15分!固くなったバゲットで簡単ラスク!1人暮らしのお菓子にピッタリ!

カチカチバゲットで簡単ラスクの作り方!

バゲット(フランスパン)って、ちょっとだけ食べて放置してしまうことってありますよね?(私はありますw)
そんな時、すぐ大量に消費する方法を紹介します。

おすすめなのが「ラスク」です。

材料はバゲット含め、たったの3つ!調理にかかる所要時間はなんと15分作る流れ的にも焼いている間に洗い物もできるためとっても効率的です。

1人暮らしのめんどくさがり屋さんでも作れますよ!(私の事です)

必要な材料・道具

 

ラスク作りの材料

・バゲット(フランスパン)
・マーガリン(無塩バターでも可)
・グラニュー糖(今回はなかったため上白糖でやっております。)

・パンきり包丁(写真にはありませんがこれがないとバゲットがキレイにきることができません)

①バゲットを5mm~1cm幅でカットする

自分がおいしいとおもう幅でカットしてください。
おすすめは5mmくらいが丁度よくておいしかったです。

②トースターで表面がカリッとするくらい焼く(焦げ目がつくほどやらないように)

バゲットでラスク

先ほどカットしたバゲットをトースターを使って焼きましょう。
後ほどもう一回焼くのであまり焼きすぎないようにしましょう。

※時間短縮のために、一部焼かずにしましたが、カリッと感がなくなってしまいました。(それはそれでとてもおいしかったですが・・・)

③マーガリンをぬり、砂糖を上から振りかける

バゲットでラスク

先ほど焼いたバゲットにマーガリンを塗ります。
冷めないうち塗ってください。
多めにぬって少ししっとりさせてもおいしかったですよ!

マーガリンをぬったら、砂糖を適量かけてください。
表面に薄くまんべんなくかけるくらいがベスト!

④再びトースターで焦げ目がつくくらい焼く(500wで4~5分)

できたてラスク

各トースターによって焼き時間はかわってきますので、目を離さずに注意して焼きましょう。
焦げすぎ防止のために1000wではなく500wなど少し低いものを使うといいでしょう!

画像のようにちょっと茶色の部分がでてくればサクッというような感じで食べやすい硬さです。
薄くても時間は変えなくてもいける感じでした。

まとめ

ラスク完成

ここでは簡単なラスクレシピの紹介をさせていただきました。
もっと本格的なレシピもありますが、十分おいしくできます!

ぜひ、バゲットが余った時は、おやつにこのラスクを作ってみてください。
子供でも簡単にできますよ~(くれぐれもパンきり包丁の扱いには気を付けて!よく切れますw)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたら、シェアをお願いします!

生活・lifestyleカテゴリの最新記事