ゲーミングマウス選びで着目するポイントをゲーマーが紹介【ゲーミングデバイス】

  • 2018.03.16
  • FPS
ゲーミングマウス選びで着目するポイントをゲーマーが紹介【ゲーミングデバイス】

かれこれFPS歴7年のゲーマーです。
大会にはガチで出場したことはないですが、遊びで参加したことは何度かあります。

私がハマっているPUBGではガチプレイせずに上位0.1%に入りました!(自慢)
本気で勝ちにいけばTOP100位くらいはいけるんじゃないのかなぁと思っていますw

そんな私もゲームのしすぎで3年間使っているゲーミングマウスにガタが来ています。
具体的には長押しクリックが途切れるときがちらほらって感じです。

なのでゲーミングマウスを変えようと思ってますが私の知識とネットで調べた知識を融合してよりよいゲーミングマウスの選び方を紹介しようと思います。

一番安定なのは前のマウスを購入することですねw

着目ポイント①価格・安さ

これはお金持ちの方や本気で勝つためにお金なんて惜しまないって人は飛ばしてください。
私のようにお金のない方やガチでプレイしない人は結構重要ポイントだと思います。

金額別で考えると、3000円程度のゲーミングマウスならかなり高性能でコストパフォーマンスに優れています。
例を挙げるとするならば

・「SteelSeries Rival 100」

というゲーミングマウスで、PUBGの人気プロゲーマー「StylishNoob」さんもおすすめしているゲーミングマウスになります。

3000円以下のマウスだとメーカーが無名のものばかりで「安物買いの銭失い」になりかねません。
私は1000円くらいの中華ゲーミングマウスを購入したことがありますが、ゲーミングマウスとは程遠い性能でした。
DPIもバグるし、ポインターも飛ぶこともざらでした。(付属マウスの方がましなレベル)

着目ポイント②DPI・CPIの設定

DPI・CPIって何?って人のために簡単に説明すると、DPI・CPIとは「マウス自体の感度」です。(以下DPIでまとめます。DPIとCPIはほぼ同じ意味)

それで、このDPI設定の重要性についてですが、DPIの変更の幅に注目してほしいんです。
例えば

・マウスA 対応DPI 1~2500 (50ずつ変更可能)
・マウスB 対応DPI 1~2500 (ずつ変更可能)

というように赤文字の部分が重要なわけですね。

これのせいで前使っていた感度に合わせることが物理的に不可能になる場合があります。
ガチでプレイしていなくもCSGOなど細かいAIMが必要なゲームだとかなり影響がありそうです。

着目ポイント③ゲーミングマウスの形・大きさ・重さ

これに関しては実際にお店にいって確認するなどしないといけません。
正直私はめんどくさい+いろんなマウスを使いたいと考えてますのでネットのレビューだけで買うことが多いです。

形は左右対称を基本に手に合った形のものなどがありますね。
私は左右対称しか使ったことがないのでそれ以外に挑戦しようと思います。

大きさ

大きさはマウスの持ち方によって変わってきます。
特殊な人じゃないかぎり手全体をかぶせて持つ人がおおんじゃないかなって思います。
そういった人は大きめのものを選ぶといいでしょう。

重さ

正直これはたぶんですが、止まりやすさに関係すると思います。
あまり疲れるとかは関係ないように思います。

私的には重さはそんなに考えなくてもいいと思います。

着目ポイント④無線か有線か

これに関してですが、みなさんのイメージだと無線は「遅延がでる」「電池切れの心配が・・・」って思っている人がいるんじゃないでしょうか?

しかし、今はLogicoolというメーカーの「G903」というゲーミングマウスは「有線より高速」「マウスパッドの上で充電できる」といった有線より優れているマウスもあります。

どの無線マウスもそういうわけじゃないので一概には言えませんが、無線が有線より劣っているということでもないようです。

FPSカテゴリの最新記事