モナコインについてまとめてみた!生まれた経緯や国内取引所は??

モナコインについてまとめてみた!生まれた経緯や国内取引所は??

モナコインとは?

2ちゃんねる(今現在は5ちゃんねる)のソフトウェア版でMr.watanabe氏によって開発されました。
日本初の仮想通貨となりました。

アスキーアートの「モナー」をモチーフにされています。

発行上限は1億512万枚とされていて、2017年12月1日時点では時価総額は37位です。
世界で初めてSegwitを実装しました。(segwitとは送金速度を上げるためのアップデートのようなもの)

モナコインはライトコインをベースに作られています。
ビットコインに比べて取引時間が短く、手数料も安いです。

モナコインの歴史

・2013年12月23日にワタナベ氏がベータ版をリリースするが、すぐリセットされた
・2014年1月1日に新モナコインとして正式にリリース
・2014年3月18日に80000ブロックに達した
・2014年5月19日に140000ブロックに達した
・2017年4月27日に977759ブロックに達した

モナコインの国内取引所

・zaif
圧倒的に手数料が安くておすすめです。
私はここで口座を開設しています。

・ビットフライヤー
大手取引所でサーバーも落ちにくいです。
シンプルな画面で見やすいと評判です。

モナコインの使い道

モナコインには投げ銭やチップのような使い道があります。
当初は「採掘するゲーム」としてもつかわれていました。

tipmona

Twitterのタイムライン上でモナコインを送ったり受け取ったりできます。

驚くことにTwitterのアカウントのみが必要でモナコインのウォレットはなくても受け取れます(ここ重要)

上手いことTwitterを活用すればマイニング以上にモナコインを手に入れることができるかもしれませんね。

monappy

モナコインのオンラインウォレットです。
このサービスではウォレットをインストールする必要がなく、スマホからでも気軽にモナコインを使うことができます。

特徴として、monappy同士の取引は瞬時に行うことができます。

ポータルサイトとしても使用できるため気になる方はぜひ利用してみてください。

askmona

2ちゃんねる掲示板にモナコインを付け足したようなもので、各個人が好きなコメントにモナコインを送ることができます。
少しでもモナコインをもらえればコメント自体が太字になり、だんだんたくさんのコインをもらうにつれ色までついてきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアをお願いします!

仮想通貨カテゴリの最新記事