メバリングにおいて満潮、干潮はあんまり関係ない?

メバリングにおいて満潮、干潮はあんまり関係ない?

釣り全般においては満潮がいいとされている

潮なんかみないでメバリングに行く男「つねまぐろ」です。
いつも天気しかみてませんwww

まあそんな茶番はおいといて、釣りをしたことがあるひとなら「満潮」「干潮」という言葉は聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

釣り全般においては比較的「満潮」の方がいいとされています。
なぜ干潮より満潮のほうがいいのかというと、水深が浅くなってくる分釣れるポイントが遠くになってしまう場合があるからです。

ですがメバリングでは、そこまで関係ないという意見が多いです。

場所に合った潮がある

これは一番私が強く感じるところです。
他の人もこういう意見を持った人が多かったです。

実際に私の釣り場では満潮よりも「干潮」の方が釣れます。

満潮の時は比較的あたりは出やすいですが、小さな個体が多かったです。
干潮の時はあたりもありましたし、大きなメバルも釣れたことが多いです。

他にも満潮でめちゃめちゃ釣れる場所があってその近くの漁港では干潮の方が釣れるところもありますし、潮に関係なく安定して釣れる場所もあります。

私のところは餌では釣れるのにワームだと全然釣れない場所がありますw(水深2mくらいの場所です。20オーバーも釣れます)

なので自分の釣り場の満潮の時、干潮の時それぞれで行ってみることをおすすめします。

潮が止まると釣れない

釣り全般でもいえることですが、潮が止まっている間はメバリングでもあまり釣れません。

逆に潮がよく動いているとよく釣れます。

なぜ潮が動くと釣れる?

理由としては、潮目ができるからです。
潮の流れは全て一定の向き、スピードではありません、
なのでぶつかり合っています。

そうすればそこに流され付いた餌となるプランクトンが集まります。
そして小魚などベイトが集まり、メバルが集まるというわけですね。

まとめ

メバリングにおいて「満潮」「干潮」はそこまで関係ないと思っていただいて構いません。
それよりも潮が動いているのか?潮目はどこにあるのか?というのを意識して釣りをした方がいいです。

漁港の内側でポイントを見つければ潮の影響は比較的ないのでそういうポイントが見つけられるといいですね。
小さなメバルだと漁港内の方が釣れる時もありますし、数匹程度なら20オーバーも釣れますよ!

1人で食べる分には十分ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアをお願いします!

魚釣り・魚突きカテゴリの最新記事