メバリングで有効なアクション4選!スローリトリーブだけでは攻略できないぞ!

メバリングで有効なアクション4選!スローリトリーブだけでは攻略できないぞ!

メバリングのアクションはスローリトリーブだけじゃない!

よくメバリングのサイトや雑誌で表層スローリトリーブだけで釣れます!的なことを聞いたことはないでしょうか?
私自身その言葉を信じてやってきました。

ですが、違うアクションを使ったとたん釣れるわ釣れるわでパターンに入った時も多いです。
確かにスローリトリーブが一番シンプルでなおかつ釣れるといえば釣れます。

けれど他のアクションを使うことで今までの2倍以上釣れると思いますよ!
そのくらい使えます!

①スローリトリーブ

まずは、ド定番のスローリトリーブです。
ゆっくり一定の速度でリールを巻くことです。

あんまり何秒で何回転という風に決めなくて構いません。
それよりさっきの速度ではアタリがなかったから早く巻いてみたり、遅くまいてみたり、いろいろ試してみましょう。

はじめにスローリトリーブだけでいいといいましたが、巻くスピードを変えればある程度いけるかもしれません。
今まで同じスピードで巻いていた人はスピードを変えてみましょう。
あと釣れたからと言ってそのスピードで巻き続けるのもメバルが慣れてしまってスレる原因となります。

②リトリーブ+トゥイッチ

リトリーブとは一定に巻くことです。

トゥイッチとは竿先をチョンと小刻みに揺らすことです。
イメージとしてはワームがピョンと跳ねるようなイメージで行いましょう。

竿先を動かすのは20cm程度でいいでしょう。
あまり大きく動かしすぎないように心がけましょう!
自分では動かしてないつもりでも結構ワームは動いてますよ。

使いすぎには注意して下さい!
スレてしまいます・・・

③カーブフォール

これはリールを巻くのやめてテンションをかけたままワームを沈めることです。

リトリーブ中に少しだけこのカーブフォールを入れるとかなり効果的です!
おすすめの使う場面としては、ボトム付近で

カーブフォール→岩などに当たる→リフト→カーブフォール・・・
のようにボトムの障害物付近をカーブフォールしていくと結構大型のメバルがつれやすいです。

この時の当たりはモゾッとしたわかりにくい当たりなのでなれるまで頑張りましょう!

障害物にあたったらすぐリフトすることで根掛かりも少なくできますよ。

④リフト&フォール

ワームを持ち上げてすぐ下に落とすことです。
ですが、メバリングの場合は真下に落とすフリーフォールではなくてカーブフォールを使います。

リフトするときも一気に上げるのではなくて、フワッとあげたほうが食いつきがいいです。
ゆっくりリフト&カーブフォールのイメージです!

まとめ

この4つのアクションを上手に使い分けてパターンを見つけましょう。

パターンの見つけ方ですが、まずはリトリーブだけ、次にトゥイッチを入れてみたり、カーブフォールを入れてみたり、水深を深くしたりといろいろ試してみましょう。

こんなの釣れないだろ!っていうアクションでも意外に釣れたりすることもあるので何事もチャレンジです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアをお願いします!

魚釣り・魚突きカテゴリの最新記事