メバリングでアシストフックの必要性とは?つけた方がやっぱ釣れる?

メバリングでアシストフックの必要性とは?つけた方がやっぱ釣れる?

結論:正直アシストフックいらなくね?

アシストフックをつければショートバイトも拾えてたくさん釣れると思っていませんか?
チョンチョンって当たる当たりもフックしやすくなるイメージならそれは間違いだと思います。

確かに多少は釣れますがそこまで変わりません。

そんなアシストフックの必要性について私なりの意見を紹介していきたいと思います。

アシストフックは高い!

これは完全に個人的な意見ですが、コスパ的にみて、全然そこまでの価値のあるものではないかなと思います。(5本で400円とか)
いまのところアシストフックを使用してそこまでいい思い出はないですね・・・

一応市販のものと自作のものを使ったことがありますが、小さめのメバルがちょっとかかるようになったかな?くらいでたいして差がありませんでした。

自作の場合、めんどくさい!

これもアシストフックがいらないと思う理由。
高いけど仕組みが簡単だし作ればいんだけど意外とこれがめんどくさい。(細かい作業なので好きな人にはいいかも?w)

ここまでして小さなメバル1匹釣るなら、活性が低いときの釣り方やランガンした方がはやいし、よく釣れる可能性があると思います。(こっちの方がメバリング自体の腕はあがります)

アシストフックを使ってなんでもいいからつれればいいやって人にはいいかもしれませんけど、型を狙う人は絶対いらないですねw

アシストフックにかかってないことが多い

アシストフックを付けてもほとんどの場合がかかってないです。
普通にジグヘッドにかかっていますねー

うまい人はアシストフックにかけれるんでしょうか?
私がソリッドの柔らかいロッドを使ってるのも影響してるのかもしれないですね。(固いロッドはあんまり使わないんでわからないですが・・・)

アクションが制限される

これは関係ないって思う人もいるかもしれませんが私はアクションしにくくなっていると思ってます。
やっぱり激しいアクションにすればラインが絡まり、逆にヒットしにくい場合もあるんじゃないのかな?って感じます。

他にも巻き癖がついてしまうことも考えられます。
巻き癖がつけばアシストフックを変える必要性があるので注意しましょう。

根掛かりしやすくなる

まあこれはボトムを攻める場合になるますが、フックが増える分根掛かりしやすくなります。
当たり前ですが、そういうときにはアシストフックを外すようにしましょう!

まとめ

いままで書いてきた通り、アシストフックは個人的に不必要だと思います。
手間がかかるだけでそんなメリットがない気がします。

それ以上にデメリットもでてきそうです・・・

ですが、一度使ってみてもいいかもしれませんね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアをお願いします!

魚釣り・魚突きカテゴリの最新記事