メバリングのキャストで飛距離を1000円でグンッと伸ばす方法3選!

メバリングのキャストで飛距離を1000円でグンッと伸ばす方法3選!

ジグヘッドを重くしても全然飛ばない・・・

フルキャストしたつもりでも、全然飛距離がでないことありますよね?
私自身始めたばかりのころはジグヘッドを重くするなど自分なりに工夫しましたが全然飛びませんでした。
まあそれには訳があったんですけどねwww

このページを見れば軽く数十メートル飛ばせるでしょう!

でもメバリングは飛距離だけじゃないところもあるので奥が深いところです・・・
飛距離が大事じゃないみたいな言い方ですが、基本飛距離をだすことで大型が釣れると思ってくださいね!

①ラインを細くする

私の飛距離がでなかった原因はズバリこれですwww
笑われるかもしれませんが、始めたころは1号ラインを使ってました。

これを0.6号に変えた瞬間飛距離が倍以上伸びましたし、感度も飛躍的にアップしたのでとてもおすすめです!
しかも、ラインは1000円程度フロロラインで十分です。

強度的に不安かもしれませんが、毎回ラインの傷み具合を確認すしていれば、フロロの0.6号で25cmのメバルはぬけますよ!というか抜けました!(メバリングにはバイクでいくのでタモをもてないっていう理由もあるw)

あとリールもまあまあ大事ですが、ダントツで改善すべき点はラインですね!
ロッドに関してはバスロッドでメバリングをする人もいるくらいのでそこまで深く考えなくてもいいんじゃないかな?って思います。

②キャスト時に力を入れすぎない

これも重要なことです。
力を入れすぎているかも?って思った人はぜひ一度、軽く投げてみてください。

あれ?意外と飛ぶじゃん!ってなると思います。
キャストにはそんなに力はいらないんですよ!

そこから一番飛ぶ力加減を探しましょう。
しかも、力みすぎないほうがコントロールもよくなるので一石二鳥です。

③ジグヘッドを重くする

これも原始的な解決策にはなりますが、かなり有効です。
メバリングでは1g以下を使うようにしましょう!的な情報をよく見ます。
ですが、実際個人的には1.5gが一番釣れます

これは断言できますよ!ダントツで1.5gですw(私の環境ではね)

なので、軽いジグヘッドを使っていた人たちは少し重くしてもいいかもしれませんね。

他にもジグヘッドリグ以外でフロートリグやスプリットスグを試してもいいと思います。

まとめ

今回キャストの飛距離を上げるための方法が
・ラインを細くする

・キャストで力を入れすぎない

・ジグヘッドを重くす
この3つです。

以上のことを意識すればメバリングでメバルが釣れないってことはなくなると思います。
なので今までメバルを釣ったことがない人はこれが最低限の投資と考えてやってみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアをお願いします!

魚釣り・魚突きカテゴリの最新記事