PUBGを快適(60fps)にプレイするための最低スペックはコレだ!【実況・配信向けver・とりあえずプレイしたい人むけver】

PUBGを快適(60fps)にプレイするための最低スペックはコレだ!【実況・配信向けver・とりあえずプレイしたい人むけver】

PUBGは今まで数々のPCゲームの中でトップクラスにスペックを必要とするゲームです。
早期アクセスで配信された当初はプレイするために20万円のゲーミングパソコンでギリギリという感じでした。

今はグラフィックがかなり改善、最適化されていてそこまでのスペックはいらなくなりましたが、ある程度のスペックは必要でしょう。
家電量販店のパソコンではプレイできないでしょう。

そこで今回の記事ではPUBGをプレイするために必要最低限のスペックについて紹介していきます。
実況や配信したい人向けの最低限スペックや、ただPUBGをプレイしたい人向けの最低限スペックに分けているのでそれぞれの用途で判断してください。
パーツごとに紹介していくのでこれからPUBG用のゲームを買う人は参考にしてみてください。

公式が発表している動作環境

OS Windows7,8.1,10(64bit)
CPU Intel Core i3-4340
メモリ 6GB 以上
GPU GeFroce GTX660 2GB 以上
空き容量 30GB以上

注意!勘違いしないでほしいのはこれはあくまでも動作環境です。

これは最低限プレイするためのスペックではなくてこのスペックがなければまず起動すらしませんwww

実況や配信する人向けの最低スペック!

実況や配信をするにはPUBGをプレイしながら動画を撮るということをしなければいけません。
動画をとるためにも多少余裕があるスペックが必要になります。

【CPU】 Core i3-8100~、Core i5-6500~、Core i7-4770~

CPUはこのドスパラが提供している性能比較表を参考に紹介しています。
だいたい数字

「core i3」なら「8100」より大きい数字ならどれでも大丈夫です。
数字が大きいからと言っていいスペックとは限りませんが、だいたい数字の大きさに比例します。

本当は数字に意味があるのですが、興味のある方は調べてみてください。
CPUの世代などこの「8100」などの数字から様々な情報を得られます。

「core i5」なら「6500」より大きい数字ならどれでも大丈夫です。

新品を購入する場合は「core i5-6500」の値段と上記の最新モデルの値段は全然変わらないので性能的にもコスパ的にもいい最新モデルを購入した方がいいですよ。

「core i7」なら「4770」より大きい数字ならどれでも大丈夫です。

正直これよりも小さい数字でも性能だけ見れば大丈夫なものもありますが、電力の消費量などコスパ的にはかなり悪くなってくるのでやめておきましょう。

「core i7-8700」のモデルの方が値段が安いです。
この4770などの数字は中古パソコンを購入するときに参考にしてみてください。

実況で動画編集するならできるだけ高性能なCPUを購入したほうがいいですよ!
エンコードの時間が全然違ってきます。

メモリ 16GB

録画することを考えると最低でも16GBほしいです。

自作パソコンの場合は対応しているかどうか間違えないようにしてくださいね~

GPU GTX1060 3GB

実況や、配信をするには最低でもGTX1060くらいが必要です。
できれば6GBモデルがいいですが・・・

とにかくPUBGしたい人向け最低スペック!

実況などはせずとりあえずプレイしたい人向けに最低スペックを紹介していきます。
60fpsがでるくらいの環境で紹介していきます。

CPU Core i3-6100~、Core i5-3500~

正直CPUはそんなに重要ではありません。

「core i5」以降なら基本的にどれでも大丈夫です。
「core i7」を積んでいたらよりいいですね。

メモリ 8GB

友人のパソコンが8GBなのですが、普通にPUBGをプレイできています。

メモリの使用率は高いですが、プレイするにあたり支障をきたすことはないです。

GPU GTX1050

グラフィックボードはこのドスパラの公式サイトを参考にしています。
だいたい数字が200以上あれば大丈夫です。

それでおすすめGPUはGTX1050です。
アップデート時に負荷がかかるときもあるのでそういったときのためにもGTX1050がいいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアをお願いします。

PUBGカテゴリの最新記事