ショットガンの散弾の仕組みや使い方やバグなど完全攻略!【PUBG】

ショットガンの散弾の仕組みや使い方やバグなど完全攻略!【PUBG】

みなさんショットガンは好きですか?
私は嫌いです!
家の中で芋られると4対1でも普通に撃ち負けることがあるからですw
まあそれがショットガンの良さですけどね・・・

ってなショットガンですが、イマイチ当て方の規則性などは知られていません。
これを見ることで絶対に当たったのに死なない?!っていう場面が減ると思います。
よければ最後まで読んでいってくださいね。

散弾の仕組み

まずショットガンの散弾の仕組みでみなさん間違えやすいこととして、「レティクルが広がっている時は弾が広がる」って思っている人が多いですが、それは間違いです!
実は全然関係ないんですよね。
でもレティクルも戦う上ではかなり重要なポイントです。(後で説明します)

それで、散弾する範囲の決まり方ですが、
・対象との距離
・チョークの有無
・運
この3つの要素からなります。

上記gifを見てもらえば分かる通り
・止まっている状態
・動いいている状態
・ジャンプしている状態
実はどれも散弾の範囲はさほどかわらないんですね。
運の要素で多少変わっているだけです。

レティクルの重要性

レティクルの重要性ですが、「散弾する方向の範囲」というのがレティクルになります。

上記gifを見てもらえば分かりますが、レティクルが小さいほど弾の飛ぶ可能性がある範囲が縮むんです。
なのでよりねらったところに飛びやすくなります。
もう一度言いますが、レティクルが広がったからと言って散弾する範囲は変わりません。

なんかややこしいですが頑張って理解してください。
まあレティクルが小さいに越したことはないですw

クロスヘア通りには飛ばない

ショットガンのADSで零点距離を確認すると「50m」になっているんですが、そのせいで近距離だとクロスヘアと実際に飛ぶ位置がずれています。

上記gifで始めはクロスヘアが頭をかすっていますが実際撃ってみると当たりません。
なぜかというとADSでは右に少しずれていてそっちを基準に弾が飛んでいくからです。(50mならクロスヘア通りです)

なのでレティクルの話も含めて時々ショットガンで起こるのが、クロスヘアが完璧に合っていても当たらないもしくは敵を倒せないという事態に陥るわけです。

クリックからの発砲までラグがある

これは結構重要です。
ショットガンはクリックしてから発砲するまで時間差があります。

みてもらったら分かる通り、移動している敵ならクリックした後もAIMを合わせ続けなければ倒せない場合が多くなるということです。
私個人的には特にポンプが長い感じがします。

ソースはこちら

ソースは海外のこの動画になります。
正直上記の解説以外のことも紹介されていましたが、あまり気にしなくてもいいと思ったので省かせていただきました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアをお願いします。

PUBGカテゴリの最新記事